2012年12月17日

砥部焼

28a911.jpg
松山のT叔母(父の妹)が 実家への荷物の中に 私宛の
砥部焼のお皿を入れてくれていたのを 昨日 受け取って
きました。 1辺20cmくらいの 角皿5枚セットです。

28a913.jpg
T叔母の好きな 窯元さんのだそうです。
「砥部焼」と言えば 藍色の濃淡と白の2色使いの和食器
というのが特徴であり メインでしたが 今は 和にも洋にも
使える お洒落なデザインの物も 多く作られているそうです。
私も 想像していたのと違って 嬉しい驚きでした。
砥部焼を見て回るのが好きなT叔母だけあって センスの
いいチョイスは さすがです。
煮物、炒め物、揚物、パスタ、カレー、サラダ、麺類・・・
モーニングプレートなどなど 何にでも使えそうですね。
昨夜の晩御飯では 早速 りんごをのせてみました。
T叔母ちゃん ありがとうね〜。
今朝 電話をしたら まだ使っていないのが色々あるので
今度 またあげると言ってくれました。 うふ♪ 嬉しい。

28a912.jpg
手作りなので 1枚、1枚が 微妙に違うとこも 砥部焼の味。

28a914.jpg
5枚重ねても この厚さなので 食器棚の中でも助かりますね。
素敵な食器でも 重ならない物は困ります(^^;)
posted by もにもに at 13:07| Comment(2) | お土産、頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
叔母様からの砥部焼☆
砥部焼ファンとしては羨ましい〜。
ほんと!外人さんや若い人の窯元も出来たりして
新しい砥部焼だな!と思うものがあります。
↓の食卓で、すぐに目についたんですよ。
これも珍しい色の使い方ですよねぇ。藍色を地色に
して。。。
また四角いお皿がいいなぁーー。
Posted by ふじっ子 at 2012年12月19日 09:42
◆ふじっ子さん  >新しい砥部焼
そうですね。 砥部焼祭りの時も 随分 雰囲気が変わって
洋食器のようなのに 砥部焼だったり 斬新なのがありました。
>藍色を地色
そうそう。普通は白の比率の方が多いんですけどね。
とっても綺麗で 気に入っています。
Posted by もにもに at 2012年12月20日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。